バイク費用捻出のためにした妻子持ちサラリーマンのお小遣い節約方法とは?

バイクに乗ることに対して家族からのダメ出しを受けてしまった私は来るべき再交渉の日に向けて、いろいろと材料となるネタを探しているわけです。反対の一番の理由は維持費なので、ここ最近はいかにその維持費を捻出するかを考えているのです。

家計を圧迫せずに維持費を捻出するには?

コストが反対理由になってしまうのは家計を圧迫するからです。逆の立場に立てば当たり前のようにも感じます。これから子供も大きくなってお金がかかるようになり、節約を考えていたところ「バイク欲しい!」って言われたらちょっと考えてしまうでしょうし、いつまで安定して今の収入を得られるかわかりません。そんな時にそこまで必要性を感じない(私にとっては必要だが、彼女にとっては不要という意味)支出の相談をされたら「断固反対」の態度となってもおかしくはないです。

ではどうしたらいいのか?必要or不要の議論をこれ以上するのもナンセンスに思います。ワタシ的には言い分はあるものの、そこは彼女の意見を素直に尊重したいと思いました。さらには「家計を圧迫する」というのもまったくもって同意です。家計的に余裕がないのは生活費を稼いでいる私の責任が大きいところですので、そこも真摯に受け止めるべきなのです。なので、最大限の譲歩を見せて「家計を圧迫せずに維持費を捻出する方法」を考えて実践することにしました。↓の記事にもまとめましたが、400ccのバイクでは少々厳しいですが、125cc-250ccくらいであれば少しお小遣いを節約すれば、維持費を捻出できるような気がします。

【排気量別維持費】お小遣い制のサラリーマンに最適なバイクを考えよう!

2018.08.31

ということで、維持費捻出のため、「これだけ節約したよ!」と次回の交渉材料とするためにお小遣いを節約してみてバイクの維持費を捻出できるのかを検証してみました!

バイク維持費のためのお小遣い節約方法!

節約方法1:不要な動画サービスを解約してみる![-1,000円]

まず私が実践してみたのは毎月何に使っているかの可視化です。するとけっこう使っていないWEB系サービスの月額費用がそのまま支払われていることに気がつきました。特に動画サービスはHuluやNetflix、AmazonビデオやdTVと見たい番組・動画がある度に入会してそのまま放置ということが多かったので無駄な支払いが発生していたのです。今回はHulu(ウォーキング・デッドの最新作が迫る)とAmazon(プライムは外せないから)のみを残して他は解約しました。これだけで約1,000円の節約です。

節約方法2:1,000円のランチを牛丼に置き換えてみる![-2,000円]

皆さん、お昼にお金をかけすぎていませんか?私は普段からコンビニ食ですし、昼食代はお小遣いとは別支給なので該当しないのですが、会社の同僚を見ていると毎日1,000円近くをランチにかけている人は多いです。月に20日間の勤務として、これだけで20,000円ですね。例えばですよ、週に1回1000円のランチを500円の牛丼に置き換えたらどうなるでしょうか?-500円×4日分で-2,000円の節約になりますね。毎日のランチを牛丼にするのはどうかと思いますが、週に1回だったらなんとかなるかもしれません。

節約方法3:タバコやお酒をちょっと我慢する![-1,000〜2,000円]

タバコもお酒もやらない私はこれも該当しませんが、タバコやお酒を嗜む方はここ見直しポイントです。いえいえ、別に「禁煙・禁酒をしてみよう!」と言うつもりはありません。お酒が一缶=300円とすると週に1日休肝日を作るだけで1,200円の節約です。タバコの単価はもっと高くてもはや一箱=500円に迫る勢いです。週に一箱分減らせるように吸えばそれだけで2,000円のマイナスです。思い切って禁煙してしまうとすれば、30日×500円で15,000円節約できます。バイクの維持費どころかお小遣いを倍増させることができてしまいますよ。あ、「禁煙」って言っちゃった(笑)

節約方法4:週末の作業をカフェから図書館にしてみる![-2,000円]

4つ目は実際に私が実践した節約方法です。私は週末はブログを書いたり、勉強したりと自宅外で作業することが多いです。これまではコメダ珈琲とかスターバックスとかの近所のカフェを利用していたのですが、ここを見直しました。目をつけたのは「図書館」です。最近は図書館にも電源やWi-Fiが常備されていてPC作業することもできるところがあります。週に一度のカフェでの作業を図書館に変えてみたのです。すると毎回500円かかっていたコーヒー代がゼロになりますので、1ヶ月で2,000円の節約となりました。

節約方法5:毎朝のコンビニコーヒーをやめてみる![-4,000円]

最後も実践した方法です。実はこれが一番効果が大きかったです。毎朝会社に着いてからコンビニコーヒーを買って飲んでいました。コーヒーを飲まないと眠気が覚めず仕事に集中できていなかったためです。ただ、我が家にはインスタントコーヒーが常備されているので、これを水筒に入れて会社に持っていくようにしました。飲み終わった水筒を毎日洗うのはやや手間ですが、それでも200円×20日=4,000円をマイナスとすることができます。5つの施策の中でもっとも効果があるのがインスタントコーヒー置き換え作戦でした。

バイク維持費を捻出できる上に家計にも貢献!

ということで私が実践した1、4、5を合計すると約7,000円の節約となります。実はコンビニコーヒーはお小遣いとは別予算の昼食費からの支出なので、お小遣いに影響はないのですが、それでも家計に貢献していることになりますので、交渉時には好材料になると思っています。こちらの記事にあります通り、125ccクラスのバイクなら維持費は2〜3,000円程度となりますので、上記の節約方法で十分に維持費を捻出できる計算です。

ということでちょっとした見直しや工夫によってお小遣いなどの節約をすることでバイクの維持費を捻出することは可能だと思います。私が↑にあげた方法を複数組み合わせることで、もしかしたら250ccクラスくらいまでであればペイできてしまいますし、もともとのお小遣いが多目の方であれば、400ccクラスの維持費の足しにすることができるかもしれませんね。サラリーマンや家庭持ちの方にとっては家計と維持費の関連性は切実な問題です。私は少ない給料でやりくりしてくれている嫁さんを尊敬していますし、そんな彼女に負担をかけずにバイクを楽しみたいと思いこれらの方法での節約作戦を成功させました。同じような悩みを抱えている方がいらっしゃいましたらぜひぜひ参考にしていただけますと幸いです!

【排気量別維持費】お小遣い制のサラリーマンに最適なバイクを考えよう!

2018.08.31