[バイク教習所7時間目]3回目のシミュレーターで擬似路上教習!

私が行っている教習所での普通二輪小型免許取得時は学科含めて1日に3コマの教習を受けることが可能です。残り3時間ということで、教習日としてはいよいよ最後となりました。見極めの前にシミュレーターと唯一の学科教習です。

3回目のシミュレーターで擬似路上教習!

7時間目の教習メニュー

  • 3回目のシミュレーターで擬似路上教習
  • 雑学含めて教官からのありがたいお話

この日のシミュレーター教習受講は私一人だけでした。なので、教官とのマンツーマンとなります。普通二輪免許の場合は四輪と違って路上での教習はありません。シミュレーター教習はその代替としての疑似路上教習となります。通算3回目のシミュレーター教習でしたが、2回目と同じように様々な路上での危険が含んでいるコースを走ってみます。相も変わらず操作のしにくかったですが、3回目ともなるとなんとなくコツが掴めてきました。走っていると不自然に停車している自動車だったり、ぽつんと歩道を歩いているお爺さんや子供だったりと、「これ絶対何かあるな」系のポイントを目にします。その都度減速してブレーキに手をかけて走りますので、基本的には危険は予測できますし、回避することもできます。

シミュレーター教習マジで意味ないんじゃないか説

そうなってくるとますます感じてしまうのがシミュレーター教習意味ないんじゃないか説ですね。危険の発生の仕方がわざとらしくて予測できやすい上に、クオリティ低めのアニメーションCGであるために実際の路上とかなり雰囲気が異なり、あまり疑似路上教習の意味をなしていないのではないかと。教官的にもそんな雰囲気が見て取れて、とりあえず一通りの説明を義務的にこなしているといった感じでした。今どきVRとかでもっと質の高いシミュレーターが開発できると思うんだけどなあ。とはいえ自動車免許を取得してからウン十年が経っていますので、なあなあになっている部分もありますので、改めて危険や事故に対しての意識をインプットしておくのは有効だと思いました。特に私はバイクの運転は初心者ですので、危険な乗り物と認識して慎重に入ることは非常に重要です。

この日は私一人だけだったの時間が余ってしまったらしく、後は教官からバイクについての雑学的な知識をレクチャーされました。実はここが一番身になったかも(笑)以前教官が乗っていたというPCXを強くオススメされました。まだまだ購入する車種の検討まではできていませんが、そろそろ本格的に考えてみようかな。